午前五時の殺風景

表染という、ミステリとホラーを好む社会人が書いています。日々言葉が死んでいく。

チェンソーマン第二章が白井智之すぎる ※ネタバレ有

チェンソーマン第二章を読んでしまった。
0時丁度は全然繋がらなくて読めなかったけど。

なんたってもう、流石にこれは白井智之ワールドすぎる。コラボしてる?実は同一人物?

錯誤を招いた根源は……
・普通に見えて倫理観喪失しているクラスメイトの皆様
・可愛いのだが冷静で擦れてる女の子
・一時だけの平和からのコケピー死亡
・コケピーの体が脆すぎる(ファイナルデスティネーションか?)
・生徒とセックスするクソ教師
・頭部ごと脊髄ぶち抜き
・死体同士のキスで「よし!ハッピーエンドだな!」
バチバチに強い女子高生誕生

おやすみ人面瘡と名探偵のはらわたのハイブリッドだ。何この殺戮ショーは?
地獄を見ているはずなのに、爽快な風が吹き抜けてるぞ。上辺だけのかわい〜!をぶつける残酷な高校生達大好き。それに反して人間とか悪魔とか関係なく自分の席に座ってる奴は死ねって思ってる女の子はもっと好き。

白井智之の小説が漫画化するなら絶対タツキ先生に書いてほしい。よろしくお願いします。