午前五時の殺風景

表染という、ミステリとホラーを好む社会人が書いています。日々言葉が死んでいく。

2022-01-28から1日間の記事一覧

白井智之『奈々子の中で死んだ男』を読んだ話

最近腰が痛む表染です。まだ若いのに、どういうこった。 さて今回は、2022年に入って初めて白井先生の新作が出たのでブログを書いています。(正確には『そして誰も死ななかった』の文庫化もあり若干改訂されているから、初めてと断言して良いかは微妙。) 新…