午前五時の殺風景

表染という、ミステリとホラーを好む社会人が書いています。日々言葉が死んでいく。

『証言』で心臓を抉られる今日この頃

岡野昭仁ってめちゃくちゃ歌上手くなったな。偉そうに言うけど。

『暁』の一曲一曲を聴くたびにそう思うので、今たぶん「上手くなったな」を200回以上積み重ねている。ツアー開始までにはスカイツリーの高さを越えるかもしれない。

上手くなってしまったことによって、感情的な曲の伝え方も上手くなってる。だから私は『証言』についてのことを書こうとしているのだろうし。


まず前提として私は『証言』の歌詞に共感はしない。そこまで重い感情を他人に抱いたことがないし、切る時は切る。と思う。
でも聴いてると泣いてしまうからタチが悪い。

人間関係の本質を突きつけられてしまうのがいけないと思うのだ。

たくさんの星が証言してくれるはず

って、逆に言えば誰も証言してはくれないということで、不干渉で不感症の表れ。
木々が薙ぎ倒されても、足が血に塗れても、どんな犠牲を払ったって関係が戻るわけでもないし。愛を信じたところで、壊れた事実に変わりはないし。

必要な強さを持ち合わせぬせいで

というけど、本当に原因はそれなのかなとか。もっと些細なことだったりするかもしれない。小さい事でもハリケーンは呼べる。

そんなことを考えていると、
人の繋がりとは脆いもので、こんなに絶望する事態が生じるかもしれないというリスクを負っていて、それでも人と関わって生きていくのって怖くないか?それでも人間が愛おしくなってしまうのってなんで?
と自問自答を始めてしまう。この自問自答タイムが一番病む。


思えばこの『暁』というアルバムは、『音楽と人』でも語られていたように「人と人は結局分かり合えない」ということを歌う曲が多い。

恋をした少女は神父と父によって

呪いの儀式で身を焼かれる

恋人の感情がわからなくなった結果

そこには二つの月が並ぶ お互いを知らないまま

メビウスの輪のように捻れた関係は

こわれてしまった すきだったんだけど

というように、主に恋愛において絶望を感じる。(恋愛以外の関係に置き換えることももちろん可能だとは思うけれど、とりあえずここでは恋愛としておく。)

それでは何か救いの言葉は無いのか?

ぐるぐるとアルバムを聴いていて、2周目に入ると見つかる。

その心が澱むのなら絶え間もなく
色を変える空のように流れればいい

Montageにもあるけれど、描き直そう。
幸いにも(残念ながら)人間は、絶望してももう一度未来を塗り替えることができる。また日は昇る。それが救いなのだ。


というわけで、心を落ち着かせるためには是が非でもアルバムを聴き始めたら一周以上しなければいけなくなってしまった。また再生回数に貢献してしまう。
私はそうやって、今夜もポルノグラフィティの手中から脱することができない……………………………。

チェンソーマン第二章が白井智之すぎる ※ネタバレ有

チェンソーマン第二章を読んでしまった。
0時丁度は全然繋がらなくて読めなかったけど。

なんたってもう、流石にこれは白井智之ワールドすぎる。コラボしてる?実は同一人物?

錯誤を招いた根源は……
・普通に見えて倫理観喪失しているクラスメイトの皆様
・可愛いのだが冷静で擦れてる女の子
・一時だけの平和からのコケピー死亡
・コケピーの体が脆すぎる(ファイナルデスティネーションか?)
・生徒とセックスするクソ教師
・頭部ごと脊髄ぶち抜き
・死体同士のキスで「よし!ハッピーエンドだな!」
バチバチに強い女子高生誕生

おやすみ人面瘡と名探偵のはらわたのハイブリッドだ。何この殺戮ショーは?
地獄を見ているはずなのに、爽快な風が吹き抜けてるぞ。上辺だけのかわい〜!をぶつける残酷な高校生達大好き。それに反して人間とか悪魔とか関係なく自分の席に座ってる奴は死ねって思ってる女の子はもっと好き。

白井智之の小説が漫画化するなら絶対タツキ先生に書いてほしい。よろしくお願いします。

殺意って大事

別になんと言うことはないのだけど、殺意の話。

私は数年前まで、殺意を全て自分に向けていた。
「私が悪いんです!全部私が悪い!あなたの意見は正しい!」と思い続けた結果、恋人に「君は事勿れ主義だしそういうところが嫌」と言われて星乃珈琲店で大号泣しながら別れたというゴミみたいなエピソードを持っている。

ただそこで「あれ?私ここまで言われる筋合い無くね?無遠慮に言えるお前の方が品性ないぞ?」と思って殺意が湧いた。

社会人になり、一年目は「私が悪いんです!誰よりも劣ってます!」が再発した。人事に面談されながら三回くらい号泣したというまたゴミみたいなエピソードを増殖した。

二年目になり、周りの大人の方々が「えらいねー!すごいねー!よしよし!」とすくすく育ててくれたので、自尊心が芽生えた。それと同時に「自分に殺意向けるくらいなら人に向けた方が良くない?」と思った。

人を殺すのはいけないことだ。でも、実際に殺すことと、心の中で思う事には天と地ほどの差がある。そして自分に殺意を向けることと他人に向けることも、大きな差がある。

とかいいつつ、攻撃的な人は好きじゃない。みんな平穏に仲良く暮らせれば良いなと思う。
ただ、平穏に暮らしたいけど暮らせない生き苦しい人は、その殺意を自分じゃ無くて他人に向けたらどうか? 
「お前が悪い!あはは、◯ね!」と心の中で唱えて生きるのは楽しいぞ。(でもお願いだから、実行はしないでね。)
そして、そんな心強い魔法の言葉を授けてくれるのがこの本だ!!

なんと、8月に文庫化するのだ!!なんて良いタイミングなんだろう!!買うしかない!!

そう、これは自分語りを主軸にした宣伝記事だったのである。